伊賀焼窯元 長谷園


トップページトップページお問い合わせお問い合わせカタログ請求カタログ請求

トップページ > 土鍋のお手入れ

土鍋のお手入れ

使い始め・水漏れは「目止め」を

目止めとは、使い始めの土鍋や水漏れする土鍋にお粥を炊き込む作業です。お粥を炊くことで米のでんぷん質が土鍋の細かい気孔を埋め、水漏れを防ぎます。特に伊賀土鍋は粗土を使用しているので、米の研ぎ汁ではなく、必ずお粥で目止めをします。※空焚き可能な土鍋は目止めが不要です。

目止めの「お粥炊き」手順

①土鍋をよく水洗いして水分を拭き取り、水を含みやすい底面を上にして自然乾燥させます。
※濡れたまま加熱するとひび割れの原因となります。

お粥炊き1

②乾燥させた土鍋に8分目ほどの水(またはお湯)と、飯碗1杯程度のご飯(お米ではなく残りご飯)を入れます。

お粥炊き2

③ざっと混ぜてご飯をほぐし、吹きこぼれのないよう弱火でゆっくりと炊き込んでください。

お粥炊き3

④お粥が炊き上がったら火を止め、土鍋が十分に冷めてから(1時間以上)お粥を取り除き、土鍋を水洗いしてください。※目止め後のお粥は食べられます。

カビには酢・匂いには茶殻・こびりつきには重曹が効果的

土鍋の八分目まで水を入れ、カビには酢(大さじ2〜3杯)・匂いには茶殻(ひとつかみ)・こびりつきには重曹(小さじ1杯)を加えて約10分煮立てます。冷めたら一度よく洗い、お粥を炊き込んでください。

乾燥

長谷園について長谷園について
伊賀本店伊賀本店
東京店イガモノ東京店イガモノ
主な製品のご紹介主な製品のご紹介
長谷園の書籍長谷園の書籍
伊賀焼について伊賀焼について

Q&A

土鍋全般について土鍋全般について
かまどさんについてかまどさんについて
蒸し鍋について蒸し鍋について
いぶしぎんについていぶしぎんについて
iボトルについてiボトルについて

公式通販公式通販

週刊webレシピ週刊webレシピ

facebookfacebook

twittertwitter

youtubeyoutube

公式通販公式通販

公式通販公式通販